中国遊商が児童養護施設等に備品などを寄贈

 中国遊技機商業協同組合(中国遊商、山本基庚理事長)の社会貢献委員会 (山本紘司委員長)は、昨年10月22日、未来ある子供達に夢と希望を与え次世代を担う子供達を支援することを目的とする「第11回子供支援チャリティー・ゴルフコンペ」を開催し、組合員、同所属の社員並びに一般参加者等190名が参加して感染症拡大防止に細心の注意を払いながら無事コンペを終了した。このチャリティー・ゴルフコンペを通じて募ることができたチャリティー募金等約60万円を浄財として、3月14日には児童養護施設福山ルンビニ園(門田匡史理事長兼施設長)にノートパソコン2台を、3月16日には広島県立広島南特別支援学校(三浦直宏校長)の幼稚部等児童への大型自転車、ボール等運動器具一式を寄贈。山本委員長が直接支援2団体を訪問して目録が手渡された。

 各団体からは、子供達を取り巻く環境が変化する中で、健やかに成長できる環境づくりに有効に活用する旨の謝辞を受けるとともに、それぞれから同組合に対して感謝状が授与された。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP