山形県遊協が「災害時における支援協力に関する協定」を締結

 山形県遊技業協同組合(山形県遊協、井上静夫理事長)は3月24 日、山形県及び山形県警察本部と「災害時における支援協力に関する協定」を締結した。

 協定では、山形県内において災害が発生したとき、協力体制が整っている県内18市町の組合員ホール50店舗(駐車可能台数約2万台)が、(1)車両を利用して避難する避難者への駐車場、トイレ及び飲料水、女性の着替え・授乳のための更衣室等の提供(2)浸水想定区域等からの避難車両の受け入れ(3)山形県警察の災害対応等のための一時集結場所の提供、を行うものである。

 本協定では全国初の取り組みとして、「急を要する場合、市町村から直接組合員ホールに支援の協力を要請できる」として、より迅速な支援協力を可能とする内容となった。 当日の締結式では、吉村美栄子山形県知事、佐藤正顕山形県警察本部長、同県遊協井上理事長が出席し、協定書を手交した。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP