【総会】兵庫県遊技業協同組合 第54回通常総会

 兵庫県遊技業協同組合(平山龍一理事長)は6月10日、神戸市中央区のANAクラウンプラザ神戸において、第54回通常総会を開催(第65回同連合会、第43回同防犯協力会)。任期満了に伴う役員改選において、平山理事長を再選した。

 平山理事長はあいさつの中において、旧規則機の撤去について、組合員の献身的な協力により早期に撤去できた事に深甚なる謝意を込めた。コロナ禍も薄まったとはいえ、ウクライナ紛争など、エネルギー危機など世界経済含めて不透明な経済情勢の中にあって、「従業員や家族を守りながら懸命の営業努力を行っている組合員の皆さまに頭の下がる思いです」と厳しい状況であるが、逆境に負けない経営手腕と連携強化を図るため総会後、感染防止対策を徹底した中での総会・懇親会を企画したと述べた。続けて、のめり込み・依存対策については、業界の3年間の着実な取組み評価は高い評価を受けた(内閣官房ギャンブル等依存症対策推進本部)事を報告し、RSNのチラシ・ポスターの掲示、自己申告・家族申告プログラムの導入促進など、業界の取り組み実態を内外にも周知発信する事が肝要とした。さらに昨年はアドバイザー講習を9回実施。120名余が受講し、今後も継続していく事を報告。また、社会貢献活動では、事業予算は限られているが、コツコツと積み重ねる事が重要とした。

 兵庫県から、城友美子県民生活部長が斎藤元彦兵庫県知事の祝辞を代読。「はぁ~とふるふぁんど」事業をはじめとする県内社会福祉貢献の取り組み支援について改めて期待を寄せた。また、宮根正憲生活安全部長(兵庫県警本部)は、のめり込み・依存問題における諸対策、社会貢献活動の継続など、「社会の要請に応えるために一致団結してさらなる営業の健全化に尽力して欲しい」とあいさつした。

 議案審議においては、旧規則機の計画的撤去は本年1月末を期限として完遂できたと報告があった他、県民の声に耳を傾け、より多くの県民から支持されるよう、コロナ感染防止対策を徹底し、安全安心な中でお客様を迎えられるよう努め、3月に改定されたギャンブル等存症対策推進基本計画を着実に進めていく事が、業界の社会的責任と位置づけて、重点推進を決議した。

(写真)左:平山龍一理事長 右:城友美子兵庫県県民生活部長

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP