玉越がプライベートブランドのパチスロ機、BLUE FALCONを発表

 愛知県にパチンコホールを展開する玉越(名古屋市守山区)は1月11日、プライベートブランド機(PB機)「HYPER A-30 BLUE FALCON」(型式名「SブルーファルコンDA-30」製造元:DAXEL)を発表した。自社の「GOLD玉越」8店舗で導入し、1月25日から稼働開始予定。

 同社は「パチンコ・パチスロ業界が厳しい環境下におかれている今だからこそ、業界の一員としてファンの期待に応えていく行動が一層必要であると考え、プライベートブランド回胴式遊技機の開発にチャレンジした」とコメントしており、30パイのパチスロ機としてリリースされるPB機の導入後の稼働が注目される。

 特徴は(1)出玉率 109%以上(設定6)(2)BIG ボーナス獲得枚数259枚(3)合算確率 1/118.7(設定 6)(4)ベース 39.8G(設定 1)と発表されている。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP