神奈川マルハンのチャリティー活動で 「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」への寄付を実施

 パチンコホール企業大手のマルハン(京都市上京区・東京都千代田区)の東日本カンパニーの運営する神奈川エリアの店舗(県内14店舗)は、店内で実施したチャリティー活動から「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」へ100万円の寄付を行い、4月13日に神奈川県庁本庁舎で黒岩祐治神奈川県知事より感謝状を授与された。

 マルハンの神奈川エリアでは、県内の店舗内において、顧客より募玉・募メダルによるチャリティー活動を実施。その一部を今回の支援活動に寄付した。
 今回の寄付にあたり、地域住民との関係性向上につなげ、良き企業市民として社会への責務を果たしたいという思いのもと、マルハン県内店舗の従業員が神奈川県庁を訪問。新型コロナウイルス感染症対策など今後の取り組みなどについて話を聞いたほか、神奈川エリアではこれからも同様の活動を積極的に行っていくことを伝えた。

 なお、「募玉・募メダルによるチャリティー活動」はマルハン店舗に来店した顧客が交換の権利を放棄した玉・メダル分を、同社から自治体またはさまざまな支援活動を行う団体などに寄付し、困っている人々の支援に役立てるもの。

 また「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」は、神奈川県では新型コロナウイルス感染症対策のために医療・福祉・介護の現場で働く人や彼らを支えるボランティア団体などを支援する取り組みを進める中、支援の原資として県民・企業からの寄附金を募集。“困難はみんなで考えながら、知りながら助け合う”ことを狙いとして寄付金を活用した具体的事業については、医療や福祉の現場に携わる人々や関係団体等からの提案も得ながら実施している。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP