広島県警察広警察署管内の地区に対して防犯ベスト100着を寄贈

 広島県遊技業防犯協力会連合会広支部(山本基甫支部長)は6月4日、広警察署(広島県呉市)において同署管内の地区に対して防犯ベスト100着を寄贈した。寄贈式には呉市防犯連合会から吉井光廣会長、広市民センターから小山成則センター長、広警察署から佐伯康直署長も出席した。寄贈に対して佐伯広警察署長は、「地域での防犯活動に、統一感をもって取り組んでいただけるので誠にありがたい」と感謝の意を示した。また、地区住民からは「古く汚れていたので新しくなり喜んでいる。歳末の特別警戒の時に消防団以外の人で利用する」「地域での見回りや個人で見回りされている人がいるので、そのような人たちに利用してもらう」「これまで制服がなかったので、これを機に防犯活動をするきっかとしていきたい」「地域行事やイベント、子どもの見守り活動に活用する」などの声が上がっているという。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP