業界ニュース-業界団体・組合等

日遊協、第2回定例理事会を開催

 一般社団法人日本遊技関連事業協会(日遊協、西村拓郎会長)は7月16日、第2回定例理事会およびこれに伴う記者会見を東京都中央区の協会本部を拠点にオンラインで開催した。

 冒頭、西村会長はあいさつで「本日、加盟団体会議と定例理事会を開催した。引き続き日遊協として横断的組織の強みをさらに強化していく。加盟団体会議の皆とともに、遊技業界のために、この業界をどのように進めていったらファンおよび業界関係者の役に立てるのかということを第一に考えながら、日遊協の役割をしっかり果たしていきたいという確認をした」と報告。また21世紀会決議は改定をされて以来、おおむね大きな問題もなく進んでいる状況にあるとの認識を示し、「そろそろ業界全体として、次の問題、未来に向けた問題に取り組んでいこうという雰囲気になりつつあるというのが今の業界の空気感だと個人的に感じている。スマートパチンコだったり、メダルレスだったり、次世代へのシフトを背景に、我々の未来の姿、理想について真剣に話し合っていく環境ができつつあるのではないか」と述べた。

 その後、堀内文隆専務理事が理事会の内容について報告。主な報告案件として、「依存問題対策の推進状況について=関連:家族申告プログラム(同意書なし)事例勉強会・助言機関会議の開催結果、自己申告・家族申告プログラム導入WEB申請及び導入報告件数」「ギャンブル等依存症対策推進基本計画(令和2年までの進捗状況について)概要」「遊技機の大型化に関する検討会の審議状況について」「エンターテイメント健康保険組合(アミューズメント雇用環境協会)の認可について」「パチンコ・パチスロ依存問題防止研究会の調査報告に関する記者会見の結果について」「日遊協ホームページのリニューアルについて」「その他=日工組によるみんなのぱちんこフェスONLINE2021」を挙げた。

 質疑応答では、「遊技機の大型化に関する検討会」の進捗についての質問に対して「716日に第2回を開催。ドアの可動域や段ボールの保管について等、ホールから見たさまざまな課題についてメーカーと共有した。次回はメーカーからの回答を聞かせてもらう予定である」との報告が行われるとともに、西村会長は「ああしてほしい、こうしてほしいという要望の場ではなく、先々に向けてよい形になることを視野に開催している。いままでこういう声を伝える場はなかった。コミュニケーションを図る有意義な第一歩だと考えている」と位置付けた。さらに「日遊協の中でメーカーとキャッチボールができるという横断的組織としての利点を生かして行っているが、全日遊連から阿部理事長にも参加していただくなど情報を共有している。今後は、パチスロに関しても対象を広げていく」と述べた。

 このほか、堀内専務理事から退任に関する報告があった。この件については後日、詳しい資料が事務局より配布される。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

全日本遊技事業協同組合連合会
一般社団法人日本遊技関連事業協会
東日本遊技機商業協同組合
全国遊技機商業協同組合連合会
関西遊技機商業協同組合
回胴式遊技機商業協同組合
中国遊技機商業協同組合
日本電動式遊技機特許株式会社
大阪府遊技業協同組合
愛知県遊技業協同組合
兵庫県遊技業協同組合
長野県遊技業協同組合
神奈川県遊技場協同組合
岐阜県遊技業協同組合
千葉県遊技業協同組合
京都府遊技業協同組合
京楽産業.株式会社
株式会社大一商会・株式会社大一販売
岡崎産業株式会社
サミー株式会社
山佐ネクスト株式会社
株式会社高尾
HIGUCHI-GROUP
株式会社中商
成通グループ
ゲームカード・ジョイコホールディングス
株式会社入替屋
PAGE TOP