全日遊連が7月定例理事会を開催

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連、阿部恭久理事長)は7月21日、東京都港区の第一ホテル東京において、7月定例理事会を開催した。決議事項として参与の承認、暴力団対策特別委員会の委員の承認、栃木県遊協又は同理事長から全日遊連宛「通知書」の対応等を執行部会及び顧問弁護士に一任すること等が決議された。また、報告事項としては、パチンコ・パチスロ依存問題基礎講座およびホールスタッフ向けe-ラーニングの案内、全日遊連「2021年依存対策実施状況調査」の実施、推進機構の定例理事会及び定時社員総会の開催結果などが報告された。

【決議事項】
(1)参与の承認について(補充):久岡広季(千葉県・副理事長)、中村道弘(神奈川県・副理事長)、木下幹規(愛知県・副理事長)、木村浩毅(愛知県・副理事長)、加藤英則(愛知県・副理事長)、堀部昭広(愛知県・副理事長)、野口賀蔵(大阪府・副理事長)<敬称略>
(2)新理事・新参与の所属委員会について:星山聖達理事(千葉県)事業委員会、村田展隆理事(福井県)事業委員会、真城貴仁理事(愛知県)機械対策委員会、木下哲二理事(大分県)総務委員会、久岡広季参与(千葉県)機械対策委員会、中村道弘参与(神奈川県)事業委員会、木下幹規参与(愛知県)事業委員会、木村浩毅参与(愛知県)財務委員会、加藤英則参与(愛知県)経営委員会、堀部昭広参与(愛知県)総務委員会、野口賀蔵参与(大阪府)経営委員会 <いずれも任期は現任者の残任期間>
(3)暴力団対策特別委員会の委員の承認について(補充):千葉昭雄(宮城・専務理事)、平井公雄(大阪・専務理事)、大木盛生(兵庫・専務理事)<敬称略>
(4)栃木遊協・理事長から全日遊連「通知書」の対応等を執行部会及び顧問弁護士に一任する事について


【報告事項】
(1)パチンコ・パチスロ依存問題への対応について
(2)全日遊連「2021年依存対策実施状況調査」の実施について
(3)推進機構の定例理事会及び定時社員総会の開催(6月9日)結果について
(4)遊技機流通制度連絡会の開催(7月5日)結果について
(5)中古機流通経機械の開催(6月22日)結果について
(6)遊技機の計画的撤去について
(7)貯玉補償基金の総会及び理事会の開催(6月9日)結果について
(8)「使用済み遊技機の排出先等及び保管状況の実態調査」の回答状況について

(9)その他:組合加盟店舗の実態調査結果について(経過報告)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP