広島県遊協が「経営者等健全営業推進研修会」を開催

 広島県遊技業協同組合(延川章喜理事長)は10月15日、広島市中区のリーガロイヤルホテル広島において、「経営者等健全営業推進研修会」を開催した。研修会には組合役員、ホール経営者・管理者・店長等232名が出席し、広島県警察本部生活安全総務課より林田辰男課長補佐が招かれた。

 延川理事長はあいさつで、ホールからクラスターの発生が起きていないにも関わらず昨年5月にはマスコミや世間から言われなきバッシングがあったことを振り返り、感染拡大防止対策はホールの重要な責務であるとし、今後もガイドラインを遵守し、徹底した対策継続の必要性を語った。さらに「遊技参加人口の減少」「コロナ禍における売上低迷」「中古機相場の高騰」など厳しい経営環境下にあるものの、「スマートパチスロ 」の保通協受付が10月1日にスタートしたことに触れ、機械性能や関連コストなど詳細は不明としながらも、「低迷しているパチンコ市場にどうか風穴を開けて欲しい」と期待を述べた。

 来賓の広島県警察本部の林田課長補佐からは、業界の健全化の推進に関して、「旧規則機の撤去」「のめり込み問題」「法令遵守」等について行政講話があった。またTOKUMARU代表取締役の徳山泰成氏からは「今、最も大事な事はミスをしない事」という題目で講演が行われた。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP