中国遊商の「うそ電話詐欺被害防止」への取り組みに対して、山口県警察本部生活安全部長から感謝状

 中国遊技機商業協同組合(中国遊商、山本基庚理事長では、山口県における「うそ電話詐欺」の被害防止を図るため、平成29年から公益社団法人山口県防犯連合会や山口県警察と連携し、被害防止に向けた各種支援や広報啓発活動に積極的に取り組んでおり、同活動が山口県民の防犯力向上に大きく寄与したとして、2月4日、山口県警察本部において落合達也生活安全部長から山本理事長へ感謝状が贈呈された。

 さらに、同組合は2月4日、山口県内における治安課題の1つに挙げられている、高齢者を狙った「うそ電話詐欺」の被害防止を図るため、被害防止広報に活用する「アルコール除菌ジェル・不織布マスク」8,000セットを公益社団法人山口県防犯連合会(塩見富士雄代表理事)に贈呈した。贈呈式は山口県警察本部で開催され、山本理事長から山口県防犯連合会長尾安文専務理事へ目録が手渡された。山本理事長は贈呈にあたり「少しでも被害防止に役立ててください」と述べると、贈呈を受けた長尾専務理事からは「大変ありがたい。『うそ電話詐欺』被害防止のため、有効に活用させていただく」との感謝の意が伝えられた。今回、贈呈した広報物品については「うそ電話詐欺」被害防止の広報活動等の機会に配布される予定になっている。

 なお、山口県警察本部生活安全企画課によると、令和3年中に確認された山口県内の「うそ電話詐欺」の被害件数は108件(前年比40件増)、被害額は約2億7,032万円(前年比約1,270万円減)という。

 なお、中国遊商では、平成29年度からうそ電話詐欺被害防止に向けた各種支援を行っている。

長尾安文専務理事(左)に目録を贈る山本基庚理事長

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP