全日遊連、5月度全国理事会を開催

 全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連、阿部恭久理事長)は5月20日、全国理事会を東京都港区の第一ホテル東京で開催。理事長候補者の選出については単独候補であった現理事長の阿部恭久氏が選出された。選任決議は6月の総会で行われる予定。

 理事会終了後の記者会見で阿部理事長は自身の選任について「この2年間はコロナでやりたいことがやれなかった、それがしっかりとできるように変えて行かなければならない。ファン数の減少が顕著であるなか、若い世代が危機感をもって諸問題に取り組めるような環境作り・人材育成に力を入れたい」と意気込みを語った。

 会見ではそのほかパチンコ・パチスロ依存問題への対応についての報告、また再プレーシステムの在り方検討会の開催結果についての報告などもなされた。時代に即した宣伝広告等に関するワーキングチームの活動については現在ホール団体間での調整が行われているとの報告もされた。

(写真)記者会見を行う阿部理事長

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP