岡山県遊協赤磐支部が子どもの車内放置事案対応訓練を実施

 岡山県遊技業協同組合赤磐支部(三井浩一支部長)は7月7日、子どもの車内放置事故を未然に防止するため、岡山県赤磐市内のパチンコ店「クラウン2」の駐車場において、赤磐警察署、赤磐市消防本部と合同による訓練を実施した。

 訓練は、同ホール駐車場において、鍵がロックされた車内に意識のない2歳位の子どもが放置されていることを想定。巡回中のホール従業員が発見し、110番通報を行い、駆けつけた警察官により車両の窓ガラスを割って子どもを救出。ホール従業員と警察官が協力し、心肺停止状態の子どもにAEDを使用した心肺蘇生を行い、119番通報により臨場した消防隊員に引き継ぐというもの。

 同日夕刻のテレビニュースで4社の局がこの訓練を取り上げ、大きな反響があったという。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1-
2-
11-
12-
13-
19-
20-
21-
22-
24-
27-
28-
30-
32-
35-
41-
42-
48-HIGUCHI-GROUP
52-
57-1
57-
63-
スマスロ、始まる。
闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP