キング観光からの寄付金を活用して、医療チームを表彰

 三重県遊技業協同組合(権田清理事長)は5月23日、桑名市総合医療センターがキング観光からの寄付金を活用して、同センターなどで貢献度が高いと評価された3部門に対して「権田記念病院貢献賞」を授与したことを発表した。 

 キング観光は2019年から5年連続で同センターに対して医療従事者支援を目的として毎年1,000万円、累計5,000万円を寄付しており、今回の表彰は寄付金の一部を活用して行われた。

 表彰式は5月15日に桑名市総合医療センターにおいて開催され、キング観光の権田社長も来賓として出席。受賞チームに表彰状と副賞を手渡した。
 なお、受賞チームは次の通り。

(受賞者)
1位:DMAT「能登半島地震支援活動 3期にわたるDMAT派遣とその活動」
2位:院内保育園「ゆめっこ保育園の活動」
3位:栄養管理室「栄養管理室の取り組み」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

もっとスマスロ!
闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP