成通グループが、IPU・環太平洋大学の学生と 再開発事業を繋ぐ講義の場を提供

 成通グループ・ハリウッドチェーン(岡山市北区)は、IPU・環太平洋大学の学長から「進行中の岡山駅前再開発事業を是非、学生の授業に取り入れたい」との要望を受け、岡山駅前再開発事業の統括企業であるユーデーコンサルタンツとの調整を行った結果、10月3日に成通グループ本社ビルにおいて、特別ゼミを開催したことを発表した。

 この特別ゼミはユーデーコンサルタンツ大阪事務所の橋本宗明副所長を講師に迎え、IPU・環太平洋大学 平野正樹 経営学部長のゼミの生徒(5名)に、現在進行中の再開発事業を題材にした講義を行い、生徒たちが建設予定の施設の概要や、それらと一体となる街づくり、賑わいを創出する開発のコンセプトや目的、市街地再開発事業の仕組みなどについて学ぶもの。講義は、今後も続き来年1月まで全4回行われ、大学の単位にも反映される。

 成通グループは、「これからも地域と街の更なる発展、及び若者の未来が少しでも有意義になることを期待するとともに、このような機会の創出・支援を継続的に行っていきます」とコメントしている。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP