真城ホールディングスが東海交通遺児を励ます会に支援金を寄贈

 真城ホールディングス(名古屋市東区)は10月22日、交通事故などにより保護者が死亡した子ども(交通遺児)の自立支援を目的とする公益財団法人東海交通遺児を励ます会に支援金10万円を寄贈したことを発表した。励ます会の二宮武子事務局長は「交通遺児は減少傾向にあるが、東海3県ではまだ多くの交通遺児がいる。ドライバーには安全運転の徹底をお願いしたい」と語っており、同社の寄贈が東海地区の交通遺児を支援する上で貴重な役割を果たしていることになる。

 

真城ホールディングス http://www.p-castle.co.jp/

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP