真城ホールディングスが経営する温浴施設でスタッフが人命救助、消防署から感謝状

 愛知県を中心にパチンコホール、温浴事業、飲食事業などを展開する真城ホールディングス(名古屋市東区)は、同社が経営する「天然温泉アーバンクア」において1月9日、体調不良により心肺停止状態となった入場者1名を発見。スタッフと常連客による迅速な119番通報ならびにAEDによる心肺蘇生措置等により人命救助を行い、2月24日に名古屋市中消防署から感謝状が贈呈された。

 感謝状を贈呈した名古屋市中消防署の杉本署長は、「心肺停止の方は一刻一秒を争います。救急隊が現場に駆け付ける前に素早い対応をしてくれたことが救命に繋がりました」と尊い命を守った同社の救命措置に対して感謝の意を述べた。また、この救命活動に協力した常連客は、前職で看護師として働いていたこともあり、的確な指示によるアーバンクアスタッフとの連携が救命に繋がった。

 同社では「救命処置にご協力いただいたお客様へ、この場をお借りして感謝を申し上げますと共に、当社社員へのAED講習等は今後も継続して行い、皆様に安心してご利用いただけるよう徹底して参ります」とコメントしている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP