ダイナム、山形県南陽市社会福祉協議会へ介助型車椅子10台を寄贈

 全国にパチンコホールを展開するダイナム(東京都荒川区)は45日、330日に山形県南陽市社会福祉協議会へ介助型車椅子10台を寄贈した旨、報告した。車椅子は福祉協議会を通じて市内の福祉施設に寄贈されるほか、貸し出しや福祉教育用にも活用される予定。

 今回の活動は、南陽市社会福祉協議会から「市内の福祉施設において車椅子が不足している」という相談を受けて市内福祉施設用に介助型車椅子10台を手配し、南陽市社会福祉協議会へ寄贈した。また今後は、継続的な取り組みとして、車椅子支援を目的としたプルタブ回収活動にも協力していく。

 南陽市社会福祉協議会の朝倉忠之事務局長は謝意を述べるとともに、「南陽市社会福祉協議会では住民の暮らしを支えるため、あらゆる世代を対象にしたさまざまな地域福祉活動を展開している。その活動を支える車椅子の寄贈は大変ありがたく、それぞれの場面で有効に使わせていただく。今回、寄贈いただいた車椅子10台は、市内の必要とされる福祉施設や社会福祉協議会で行っている車椅子の貸出や福祉教育用にも活用する」と有効活用を約束。ダイナム山形南陽店の高橋ストアマネジャーは、「今年の1月に南陽市社会福祉協議会へ景品寄贈を行った際、車椅子購入のためプルタブ回収の依頼があった。プルタブ回収は店舗で始めているが、今回は車椅子が不足している状況を鑑みて直接寄贈した」と経緯に触れつつ、継続的な地域貢献活動の実施に意欲を見せた。

 ダイナムでは今後も地域とのさらなる共生を目指して、地域社会の発展につながる貢献活動を継続していくとしている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP