ニラクが産学連携事業、専門学生考案新イメージ CMを発表

 ニラク(福島県郡山市)は、産学連携事業の一環として、新型コロナウイルスの影響で活動が制限される学生に学びの機会を提供するため、国際アート&デザイン大学校メディアデザイン科の学生にCMの絵コンテを依頼した。同校メディアデザイン科の12名がそれぞれ絵コンテを考案し、学生によるSNS投票や同社役員などの審査により、同学科2年(当時)の渡部あすかさんの作品が選ばれた。

 渡部さんの作品は、ニラクの経営理念 「明るく楽しく面白く」をテーマに社員が街に元気を届けるストーリーに仕上がっており、ニラクの社会貢献事業の中から、災害協定締結、花火大会運営協力、パチンコ依存(のめり込み)対策セミナーなどを紹介している。

 完成したCMは、福島中央テレビ(FCT)の音楽番組「二畳半レコード」(毎週土曜日深夜0時55分〜放送)の提供CM枠にて放送されている。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP