真城ホールディングスが社会貢献活動の一環として防犯プレートを寄贈

 愛知県、岐阜県に「プレイランドキャッスル」の屋号でホールを展開する真城ホールディングス(名古屋市東区)は7月29日、地域貢献活動の一環として、名古屋市の中区防犯連合協議会に防犯プレートを寄贈した。愛知県中警察署長の「目」をモチーフとしたデザインに「特別警戒中」の文字を加えたもので、犯罪抑止効果が期待される。

 中警察署の渡辺勇人署長、愛知県防犯協会連合会の井戸義郎会長は、「この防犯プレートをうまく活用することで、犯罪抑止や住民の防犯意識の向上に繋げたい」とコメントした上で、同社の協力に対して謝辞が述べられた。

 真城ホールディングスは、「コロナ禍ではあるが、地域住民がこれからも安心・安全に暮らせるように、このような取り組みを積極的に継続していきます」とコメントしている。

<ヘッダー写真>左から:愛知県防犯協会連合会井戸義郎会長(愛知県防犯協会連合会)、真城貴仁代表取締役社長(真城ホールディングス)、渡辺勇人署長(愛知県中警察署)

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1-
2-
11-
12-
13-
19-
20-
21-
22-
24-
27-
28-
30-
32-
35-
41-
42-
48-HIGUCHI-GROUP
52-
57-1
57-
63-
スマスロ、始まる。
闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP