長崎IR、優先交渉権者に「カジノオーストリアインターナショナルジャパン」を選定

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致に関して、長崎県が810日に、「カジノオーストリアインターナショナルジャパン」(CAIJ)を優先交渉権者に選定したと発表した旨、地元メディアなどが伝えた。

 8月11日付の長崎新聞によると、県は佐世保市のハウステンボスにIRを設置・運営する事業者を選ぶ審査で「カジノオーストリアインターナショナルジャパン」(CAIJ)を優先交渉権者に選定したと発表。県は月内にも基本協定を結び、CAIJを設置運営事業予定者とする方針という。CAIJについては、「オーストリアの国営企業傘下にあり、グループ全体で世界35カ国に215のカジノを設置した実績がある」とし、県は選定理由を経験に基づく事業実現の可能性が評価されたなどと説明しているという。また、提案内容や投資規模などは「協定の締結前」とし、現時点では明らかにしなかったとのこと。今後、県とCAIJは基本協定を結んだ後、共同で区域整備計画を作成し、来年428日までに国へ申請する予定。

 2次審査への書類を提出したのは、「オシドリ・コンソーシアム(代表企業名:Oshidori International Holdings Limited)」、「CASINOS AUSTRIA INTERNATIONAL JAPAN(代表企業名:CASINOS AUSTRIA INTERNATIONAL JAPAN 株式会社)」「NIKI Chyau Fwu(Parkview) Group(代表企業名:株式会社 THE NIKI)」の3者だが、86日に「オシドリ・コンソーシアム」は「長崎県による開発・運営の規定に一定の変更、またはPRFプロセスが倫理的に行われない限り、長崎RFPへの参加を撤退する」と、長崎IRからの撤退を表明した。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP