平和がパチンコ新機種「Pバキ319ver.」「Pバキ199ver.」の2機種を発表

 平和(東京都台東区)は9月7日、アムテックス製のパチンコ新機種「Pバキ319ver.」(型式名:Pバキ319H1YZ2)および「Pバキ199ver.」(型式名:Pバキ199H1YZ2)を発表した。

 ミドルタイプの「Pバキ319ver.」は、通常時1/319.6で発生する「地上最強の親子喧嘩」に勝利すると継続率約85%(※1,2,3)の最高状態「バトルMODE」に突入。「バトルMODE」は高い継続率に加えて「最大ラウンド出玉1360発×比率80%」(※4,6)という強烈な「破壊力」となっている。さらに、バトルMODE突入時は『1,360発+V-STOCK濃厚!?』(※5,6)となり、プレイヤーの『嬉しい』を増幅させる仕掛けになっている。

 最高状態の「バトルMODE」は、電サポ3回+残保留2個の区間となっており、前半後半で演出が異なる。前半電サポ3回は秒殺決着ゾーンとなっており、一瞬で決着する区間。後半の残保留2個はバトル決着ゾーンとなっており、宿敵のキャラ達との壮絶なバトル演出を楽しめる。ホールへの導入は11月21日〜が予定されている。

※1:電サポ3回(約67.3%)・残保留2個(約53%)の合算値 ※2:小当たり経由時はV入賞が条件 ※3:特図2に限る ※4:特図2の小当たり経由時に限る ※5:特図1大当たり(オーガZONE)からのバトルモード突入時は1,350発 ※6:表記の出玉は設計値

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP