サミーが新機種「P北斗の拳8 究極乱世」を発売

 サミー(東京都品川区)は12月16日、パチンコ新機種「P北斗の拳8 究極乱世」( 型式名:P北斗の拳8究極乱世SSF )の発売を発表した。導入は2月中旬が予定されている。

 「P北斗の拳8」シリーズのライトスペック。最高継続率約94%の高継続率と、ストレスフリーの高速消化「ZEROSONIC」を備えた、「夢幻闘乱SPEC」で登場する。

 大当たり確率約1/99.9(高確率約1/35.4)のV確変・STタイプ。初当たり後は主に時短32回の「救世主MODE」となり、引き戻し成功で「究極乱世MODE」(ST確変)に突入。初当たりからの直行や、「救世主MODE」終了時に「究極乱世MODE」(時短)へ突入する場合もある。

 「究極乱世MODE」(ST確変)の継続率は約85%(ST64回+保留4個)と約94%(ST64回+時短100回&保留4個)の2種類があり、合算継続率は約88%。特図1大当たりは3R(300個)と10R(1000個)、特図2大当たりは2R(200個)・4R(400個)・6R(600個)・10R(1000個)の振り分けで、特図2大当たりの10R比率は15%になる。また、遊タイムを搭載し、低確率299回転消化で時短379回に突入する。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP