サンセイアールアンドディが激デジシリーズ第3弾「P激デジ真・牙狼」を発表

 サンセイアールアンドディ(名古屋市中区)はこのたび、2020年10月にリリースして人気を博した「P真・牙狼」のライトスペック版である「P激デジ真・牙狼」(型式名:P 激デジ真・牙狼RBY4)を発表した。ホールへの導入は8月1日からを予定している。

 同機は、大当たり確率1/77.74ながら、従来の「牙狼シリーズ」伝統の「やれる感をイメージできるスペック」を実現したとされており、牙狼連続演出の廃止や長尺演出の廃止・短縮化で変動効率が大幅にアップしているという。完全新規演出の初回時短「魔獣HORRUSH」や「P真・牙狼」のみならず「P牙狼冴島鋼牙」の牙狼SPリーチも搭載しており、「P真・牙狼」を“激デジ”の名に相応しいスペック・演出に最適化している。

 発表されているスペックは次の通り。

大当たり確率:1/77.74/高確率:1/72.73/ST回数:100回/ST突入率:51.1%/トータル継続率:約77%/電サポ回数:50回(通常時短)、230回(突然時短)、295回(遊タイム)/遊タイム突入条件:低確率時230回転消化(時短中の回転数含む)/突然時短確率:1/319.68(主に真ガロバト中に抽選) 

※ST突入率51.1%は時短50回引き戻し率47.6%と真・ガロバト引き戻し率6.6%の合算値 ※トータル継続率約77%はST継続率74.9%と真・ガロバト引き戻し率6.6%の合算値

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP