一般レジャー

セガサミー、 「サンロッカーズ渋谷」を子会社化

 セガサミーホールディングス(セガサミー、東京都品川区)は6月23日、同社と日立製作所(東京都千代田区)が「B.LEAGUE」に参戦中のプロバスケットボールクラブ「サンロッカーズ渋谷」を運営する日立サンロッカーズについて、2022年9月をめどに全株式を譲渡し、セガサミーの完全子会社とする契約を締結した旨、発表した。また、公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(東京都文京区、島田慎二チェアマン)の理事会にて、2022-23シーズンからのオーナー変更について承認を受けたことも伝えた。

 「サンロッカーズ渋谷」は、日立製作所のバスケットボール部を起源とし、『バスケットボールを通じて全ての人々に夢や希望を与え、地域やコミュニティへ新たな価値を創出する』という理念のもと2016年に創立。このたび、『感動体験を創造し続ける~社会をもっと元気に、カラフルに。~』をミッション(存在意義)に据え、さまざまなエンタテインメントを手掛けてきたセガサミーグループが同クラブ理念に賛同し、今回の合意に至った。今後のクラブ運営については、引き続き浦長瀬正一氏が社長を務めるなか、「太陽(リング)を揺らす激しいダンクを狙い撃つ集団」として、アグレッシブなプレーであらゆるステークホルダーに感動体験を提供し、チームの成長を通じて地域社会に貢献していくという。なお日立製作所は、オーナー変更後もスポンサーとしてクラブを支援していく。

 また同日、セガサミー本社で共同記者発表を実施。セガサミーの里見治紀代表取締役社長グループCEOと、日立サンロッカーズの浦長瀬正一代表取締役浦が登壇し、今後のチーム運営についての質疑応答を行った。

 セガサミーの里見代表はエンタテインメント企業としての矜持に触れつつ、「スポーツはプレーする人だけではなく、それを支える人や観る人にも圧倒的な感動体験と共感を与えることができるコンテンツである。これからは深くチーム運営に関わり、より深くスポーツに向き合い、総合エンタテインメント企業としてファンとともにリーグ制覇を目指すとコメント。サンロッカーズ渋谷の浦長瀬代表はチームの歴史を振り返りつつ、「日本を代表するエンタテインメント企業集団であるセガサミーグループと、これまで我々だけでは成しえなかった新たな成長に向けて精いっぱいの努力をしていきたい」と展望した。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1-
2-
11-
12-
13-
19-
20-
21-
22-
24-
27-
28-
30-
32-
35-
41-
42-
48-HIGUCHI-GROUP
52-
57-1
57-
63-
スマスロ、始まる。
闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP