業界ニュース-業界団体・組合等

PAAが6月の活動を報告

一般社団法人ぱちんこ広告協議会(PAA、大島克俊理事長)は7月6日、2021年6月の活動を発表した。

6月30日に開催された定例理事会で、大島理事長は「東京都内では緊急事態宣言が解除されたものの、新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置のもとにあり、当理事会もオンライン開催が続いています。一日も早く皆さんと顔を合わせながら、情報交換をできるよう願っています。昨今は人気の新台も登場し、また遊技機メーカー団体が TVCM を解禁した事などが、我々広告団体にとっても一つの大きなきっかけになるのではないでしょうか。広告規制を順守しながらも、できる事を切り開いていくのがPAA の役割と思っています」であいさつした。
続いて、アドバイザーの茂木欣人氏により、業界内における新型コロナワクチンの職域接種の状況、ワクチンハラスメント発生の可能性考察、管理遊技機とメダルレス遊技機の発売可能性の予測、業界団体でキャッシュレス決済を研究するプロジェクトチームが発足したこと、などが共有された。

【主な活動報告】
 PAA-AD ネットワークWGは、緊急事態宣言の影響を受け、引き続き鎮静状態にあることを余儀なくされた。まん延防止措置が解かれた後、再スタートする予定/ギャンブル等依存問題検討WGのセミナーチームは、都道府県単位で依存問題に関するセミナー展開の再検討を始め、依存に対する正しい知識や関わり方等を広く伝える役割を果たしたい考え/広告・宣伝WGは、今夏他団体主催の勉強会を共催予定だが、その講演プログラムを構成中。ぱちんこ営業の広告宣伝をテーマとしており、他業種にも講師を求める多面的展開を計画。また、「広告動向と意識の調査」の次回方針、調査項目のテーマなどの協議を継続/防災拠点ネットワークWGは、まん延防止措置の影響で登録店舗数に大きな増減がない状態。7 月30 日に日遊協が主催する「SDGs オンラインセミナー ~ホールの防災拠点化~」で「防災拠点ネットワーク」について取り組み事例などのミニ講演を行う予定 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP