日遊協、第5回定例理事会を開催

 日遊協(西村拓郎会長)は1月12日、東京都千代田区のグランドアーク半蔵門において第5回定例理事会を開催した。冒頭のあいさつで西村会長は「この1年半あまりという期間で我々の業界は、(旧規則機の)撤去や新型コロナの問題など明るいニュースがなかった。パチスロの型式試験適合率は厳しい状況だが、日電協、日工組が協力して(状況の改善に)取り組んでおり、明るい兆しがあると聞いている。広告宣伝についても、新しい規制の在り方について日遊協で1月中にワーキンググループを立ち上げ、行政に前向きなお願いができるよう協議していく予定だ」と述べ、厳しい状況におかれている遊技業界に少なからず前向きな兆しが感じられることを示唆した。

 今回の理事会は報告案件のみとなり、主な報告案件は次の通り。

21世紀会 旧規則機の計画的撤去について:新規則機設置比率及びホール4団体誓約書確認機関の状況について/遊技機適正処理ガイドブックの発行について 等

・自己・家族申告プログラム導入マニュアル改訂(案)とホームページ拡充について:自己申告・家族申告プログラムのウェブサイトから、各プログラムの説明案内及び申込書をダウンロードできるようにするとともに、導入店舗情報をWEB上で検索できるようにする。それに伴いホールからの導入店情報もウェブサイトから登録できるようにする、といった変更を加える。マニュアル改訂、ホームページ変更は、21日からの運用開始を予定。

・支部活性化会議の審議状況について

PSIOの入力状況等について

・専門委員会、プロジェクトチームの活動状況について:広報調査委員会/人材育成委員会/社会貢献・環境対策委員会/依存問題PT/風営法PT/キャッシュレス推進PTSDGPTの活動状況を報告

・その他:日遊協ホームページリニューアルオープンについての報告 等

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP