フェンシング世界王者 見延和靖選手による子どもたちへ夢の特別授業

 アミューズメント事業、フィットネス事業、フェンシング事業、飲食事業などを全国に展開するNEXUSグループ(群馬県高崎市)は1月13日、地域貢献活動の一環として、本社所在地である高崎市の小学校・中学校の依頼を受けて「2020東京大会」の王者である見延和靖選手(NEXUSフェンシングクラブ所属)の訪問授業を開催した。特別授業の内容は(1)見延選手と先生によるトークセッション(2)生徒からの質問コーナー(3)生徒との記念撮影(4)見延選手から将来に向けたエールのメッセージ。

 この特別授業について、高崎市立寺尾小学校の松井栄一校長は、「見延選手の話を聞けて子どもたちも色々勇気づけられたことと思う。『自分に素直になる』、それが大事であるという言葉がとても印象的だった。これからも子供たちが見延選手を見習って様々な努力をしてくれることと思う」と述べ、高崎市立高南中学校の常本公志校長は「金メダリストの見延選手と交流し、子どもたちが夢に向かう姿を心に刻んで目標を持ち、一生懸命に前に進んでいってもらえれば校長として大変うれしく思う」と述べ、共に感謝の意を示した。

 NEXUSは「NEXUS SDGsプロジェクト」を通じて夢を持つ大切さをこれからも具現化していくとしている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP