九州遊商が障がい者施設へ、バスケットボール競技用車いすを寄贈

 全商協所属の九州遊技機商業協同組合(九州遊商、岩下卓世理事長)は1月26日、福岡市南区にある障がい者施設「さん・さんプラザ」において、バスケットボール競技用車いすを寄贈した。

 同組合ではこれまで、毎年8月に開催される「清水ふれあいまつり」に社会貢献活動の一環として参加し、チャリティーバザーや飲食コーナー、子ども向けのくじ引きを行うなど障がいを持つ子どもたちとふれあい、その収益金を寄付する活動を過去6年間実施してきた。しかしながら、コロナ禍の影響により「清水ふれあいまつり」が2年連続中止となったことを受け、これに代わる社会貢献活動として、バスケットボール競技用車いすの寄贈を行なったという。

 車いす贈呈式では、障がい者スポーツセンターの大坪館長から、岩下理事長に対して感謝状が授与された。

 九州遊商は、今後も社会貢献活動を積極的に行っていくとコメントしている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP