ガンダムゲームのesports大会「GUNDAM GAME GRAND PRIX2022」

 創通(東京都港区)は3月5日および6日、ガンダムゲームのesports大会「GUNDAM GAME GRAND PRIX2022」(以下、「GGGP2022」、主催:創通、特別協賛:SANKYO」の本戦を実施した。第4回大会となる本大会は実施タイトルとして『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2 クロスブースト』を採用し、『チームホールド部門』と『シャッフル部門』を設け、GGGPでは初となる1タイトル2部門での開催となった。
 まず3月5日に行われたのは、チームメイトと対戦相手がランダムで選ばれる『シャッフル部門』。即席チームでどのように戦うのかが注目されるルールで、予選を勝ち抜いた128名の中から決勝戦まで勝ち残った選手は、「SHO∞」「dat」「こざやま」「らいひ」の4名。準決勝までを全勝し、決勝戦1試合目でいきなり敗れたものの、その後3連勝し、みごと優勝の座に輝いたのはこざやま選手。2位は同率で、らいひ選手、SHO∞選手、4位dat選手となった。表彰式で、こざやま選手は「大きな大会で優勝したことがなかったので、GGGP2022で優勝が出来て本当に嬉しい。(同じく予選を通過している)チームホールド部門でも優勝を目指して頑張ります」と気持ちを語った。

 続いて、3月6日に行われたのは、事前申請した2人1組のチームで戦う『チームホールド部門』。シングルエリミネーション方式のトーナメント戦を制して、決勝戦に残ったのはチーム「スクショ@330 」とチーム「まゆげ信者」。3試合先取というルールの中、2対2の大接戦で迎えた最終戦。制限時間無制限の中、猛攻をかけて勝利をつかみ取ったのはチーム「まゆげ信者」で、見事GGGP2022のチームホールド部門の優勝に輝いた。2位は「スクショ@330」、3位は「ジムニャン」、4位は「みたいな感じの立回りです」となった。
 惜しくも2位になったチーム「スクショ@330」のレオシグ選手は「決勝戦は何分間試合をやったか分からないですが、むちゃくちゃ楽しかったです。ガンダム人生の中でもこんなに楽しい試合はなかったなというくらい楽しい時間でした」とコメント。一方、こたんぐ選手は「こういう大会って本当に盛り上がるし、最高だと思っています。またこういう機会がありましたら、精一杯練習して結果残せるように頑張っていきたいです」と次の大会への意欲を見せた。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP