関西遊商がバレンタイン献血を実施

 関西遊技機商業協同組合(関西遊商、小西哲也理事長)は2月3日と4日、大阪市浪速区のナンバプラザビル3階会議室にて第19回バレンタイン献血を実施した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえて昨年度は献血活動を見送ったが、コロナ禍における献血者の減少による輸血用の血液不足に対して、同組合の社会貢献・環境対策委員会は、感染防止対策を徹底的に行なった上で、今回の献血活動に踏み切った。

 2日間で、98名献血活動に協力、77名から採血を行なった。同組合では「今後も新型コロナウイルス感染症対策を行いながら、献血活動を続けて行きますので、ご協力をお願いします」と今後の献血活動における協力を呼び掛けている。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP