マルハンが運営する「新文芸坐」が日本映画批評家大賞・特別賞を受賞

 パチンコホールを中心に総合エンターテイメント事業を展開するマルハン(京都市上京区)は6月1日、同社が運営する映画館「新文芸坐」(東京都豊島区)が第30回日本映画批評家大賞の特別賞を受賞したことを発表した。特別賞は長年にわたり日本映画界に貢献してきた個人や団体に授与される賞。

<新文芸坐>1956年に東京・池袋東口の映画館「人生坐」の姉妹艦として「文芸坐」が開館。当初は松竹洋画形の封切館だったが、人生坐の閉館後に名画座に転向。併設していた映画書籍の店も映画館の聖地となっていた。様々な特集上映を行いながら営業を続けるも、建物の老朽化などを理由に1997年に閉館。2000年12月12日、跡地に再建されたマルハン池袋ビル内に「新文芸坐」として再オープン。低料金の2本立て、多彩なプログラム、映画監督や俳優によるトークショー、オールナイト上映など、唯一無二の名画座として60余年に渡り映画ファンに愛され続けている。なお、2000年以降はマルハンが経営を行っている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP