北海道マルハン チャリティオークションの売上を『エールを北の医療へ』に寄付

 パチンコホールを中心に総合エンターテイメント事業を展開するマルハン(京都・東京)の北日本カンパニーが運営する北海道マルハン(道内33店舗)はコロナ禍で尽力する医療従事者を応援するため、7月7日に北海道庁にて、道が推進する寄付プロジェクト「エールを北の医療へ」に50万円を寄贈した。北海道マルハンは道庁の「ほっかいどう応援団会議」のメンバーで、この寄付金は道内の観光商品や特産品を出品するチャリティオークションの売上の一部。

 当日は、チャリティオークションの応援アンバサダーであるタレントのMr.シャチホコさんと同社の北海道道北エリアの菊地陽エリア長が道庁を訪問し、「医療現場で奮闘してくださっている医療従事者の方々を手助けしたい。また、北海道マルハンとして北海道が少しでも元気になるようできる限りの協力をしたい」と述べ、目録を贈呈した。これに対して、北海道保健福祉部の原田朋弘新型コロナウイルス感染症対策監から「寄付に込められた思いをしっかりと受け止め、引き続き感染症対策に全力で取り組んでいく」との謝辞があった。

 同社では、社会を構成する一員として、店舗に来店しない人々にも「マルハンがあって良かった」と思ってもらえるよう、企業・従業員ともに、社会が持つさまざまな問題に真摯に取り組み、今後も第2弾・第3弾と今回同様の寄付活動を継続していく予定だという。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP