ダイナムCUPSQ-CUBE OPEN 2022 in YOKOHAMA開催

 全国46にパチンコホールをチェーン展開するダイナム(東京都荒川区)は、5月3日から5日に横浜市港北区のヨコハマスカッシュスタジアムSQ-CUBEで「ダイナムCUP SQ-CUBE OPEN 2022 in YOKOHAMA」を開催した。

 同大会はスカッシュを始めたばかりのビギナープレイヤーから海外で活躍するトッププレイヤーまでが参加する裾野の広い大会として実施。237名の選手が参加するなか、日本スカッシュ協会公認の選手権大会をはじめ、愛好者向けのフレンドマッチや新人戦が開催された。

 公益社団法人日本スカッシュ協会公認大会として行われた選手権男子では、机龍之介選手(ダイナム)と安成翔太選手(東洋大学)が決勝戦に進み、3-0のストレートで机選手が勝利。通算9回目の優勝となった。また選手権女子では、杉本梨沙選手(ダイナム)と松井千夏選手(Special t-hank.s)が決勝戦に進み、松井選手が勝利した(杉本選手が試合中の怪我により棄権)。松井選手の優勝は、2015年のダイナムCUPの優勝から7年振り2回目の優勝となる。

 なお今回のダイナムCUPから、将来の競技人口の拡大・未来のトッププレイヤーの育成を目指して小学生の部(高学年・低学年)を新設。 試合では大人顔負けのプレイを展開し、優勝・準優勝の選手には人気ゲームソフトやメダルが贈られた。

 また、5月27日から29日にはプロスカッシュ協会公認の「DYNAMCUP PSA SQ-CUBE OPEN 2022 in YOKOHAMA」が控えており、国内有力選手をはじめアジア圏内を中心に海外8カ国30人が参戦する見通し。大会の様子はダイナム公式YouTubeチャンネルより配信予定だ。

 同社では今後も、スカッシュ競技を応援するとともに、本大会を通してスカッシュの普及、発展の手伝いをしていくとしている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP