NEXUSが青島広志氏のクリスマスコンサートを特別協賛

 アミューズメント事業を全国に展開するNEXUSグループ(群馬県高崎市)は10月15日、「題名のない音楽会」「世界一受けたい授業」などのTV番組でおなじみの青島広志氏による「第8回アットホームコンサート クリスマスの贈りもの〜思い出の名曲とともに〜」の特別協賛を行うことを発表した。同コンサートは12月23日、18:30より群馬県高崎市の高崎芸術劇場 大劇場において開催される。クラシック音楽を気軽に親しんでもらうためNEXUSが企画し、毎年クリスマスに恒例となった人気音楽イベントで、昨年はコロナウイルス感染防止として中止となったが、今年は社会状況を踏まえながら第8回目を開催する運びとなったという。今年度の無料招待は1,900名様を予定している(感染拡大状況により、少なくなる可能性あり)。

<青島広志氏のプロフィール>

1955年東京生まれ。<東京藝術大学および大学院修士課程を首席で修了。 作曲家としては「火の鳥」(原作:手塚治虫)、「黒蜥蜴」(原作:三島由紀夫)、 管弦楽曲「その後のピーターと狼」、合唱曲「マザーグースの歌」、ミュージカル 「11ぴきのネコ」など、その作品は200曲を超え、ピアニスト・指揮者としての活動 も40年を超え、最近ではコンサートやイベントのプロデュースも数多くこなしている。 現在もNHKラジオ「みんなのコーラス」「高校音楽講座」にレギュラー出演のほか、 テレビ朝日「題名のない音楽会」アドバイザー、日本テレビ「世界一受けたい授業」、< テレビ東京「たけしの誰でもピカソ」、「ソロモン流」、TBSラジオ「こども電話相談室」にも出演

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP