真城ホールディングスが特殊詐欺防止ステッカーを防犯協会に寄贈

 真城ホールディングス(名古屋市東区)は11月29日、地域貢献活動の一環として、東区防犯協会に特殊詐欺防止オリジナルステッカーを寄贈した。これは近年、特殊詐欺被害が増加している中で、地域住民の安心・安全な暮らしを守るための取り組みとして、同社が積極的に取り組んでいる活動の一環。真城ホールディングス総務部総務課兼経営企画部の村上知隆課長から、東区老人クラブ連合会の殿島征男会長に目録が贈呈された。

 同社は、寄付金付き自動販売機の設置、防犯シール付きマスクや特殊詐欺防止の注意喚起用マグネットバーなどの防犯啓発グッズの寄贈、交通遺児を励ます会への支援金の寄贈など様々な社会貢献活動に取り組んでおり、今後もこれらの取り組みを積極的に推進したいとしている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP