<成通グループ> 千原代表が聖火リレーイベントに参加

 成通グループ・ハリウッドチェーン(岡山市北区)の千原行喜代表は5月19日、岡山県内をめぐる「東京2020オリンピック聖火リレー」の代替イベントで、ランナー同士がトーチを近づけて聖火をつなぐセレモニーに参加した。セレモニーは新型コロナウイルス感染症による非常事態宣言発出を受け、セレブレーション会場で無観客の開催となった。セレモニーで、千原代表は、前走者の岡山市内で折り紙教室を開講する「ちよさん」から聖火を受け継ぎ、次走者である地域イベントなどを行う「梶本夏未さん」へとトーチキスで聖火を繋いだ。

 千原代表は、「オリンピックの聖火ランナーを務めることを通じて、世界が平和であることや、コロナの問題を含め世の中が平穏無事ということがいかに大切か改めて感じた」とコメント。同社は、プロスポーツクラブへのスポンサー活動やマルセン財団を通じた地域スポーツへの貢献活動など、大きく会社としてスポーツと深い関りを持っており、今後もスポーツ環境や選手のレベルアップ、スポーツ振興による健康社会への発展など多岐多様に貢献しいくという。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP