サミーがデジハネ最新機種「デジハネP<物語>シリーズ セカンドシーズン」を発表

 サミー(東京都品川区)は9月9日、デジハネ最新機種「デジハネP<物語>シリーズ セカンドシーズン」(型式名:Pデジハネ物語セカンドシーズンGSA、製造元:銀座)を発表した。

 デジハネ最高峰を誇る「デジハネ1500シリーズ第1弾」と名付けられており、約1,500個の出玉を期待できる仕様となっている。初当たりの99.6%が3ラウンド+時短36回の「こよみチャレンジ」へ、0.4%が10ラウンド+時短115回の「こよみドリーム直撃」となっており、「こよみチャレンジ」に成功すると「こよみドリーム」に突入するというゲームフロー。

 「遊タイム」も搭載されており、大当たり終了後250回転後に379回の遊タイムが発動するため(大当たり間1回のみ)、「こよみドリーム」終了後は「遊タイム」まで残り135回という状態になる。

 ホールへの導入は11月〜を予定している。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP