兵遊連青年部会が第46回定時総会を開催

兵庫県遊技業組合連合会青年部会(兵遊連青年部会、米田邦広部会長)は6月18日、神戸市中央区のANAクラウンプラザホテル神戸において、第46回定時総会を開催した。

冒頭、あいさつに立った米田部会長は昨年の遊技業界を振り返り、コロナ禍においてパチンコホールが「3密」になりやすい場所であるかの如く報道され、社会的信頼に影響を受けたと指摘。その上で、全国遊技場青年部連合会が作成したパチンコホールの換気実証実験の映像は、ホールの換気能力が非常に優れていることをメディアを通じて多くの人々に知らしめることができ、画期的なことであったと述べた。また、コロナ禍において中止せざるを得なかった様々な社会貢献活動については「非常に残念な思いでいっぱいだ」と語り、本年度は、ワクチン接種が進む中ではあるが慎重に状況を見ながら、「真に支援を求めている方々に対して、青年部会の特色を活かした社会貢献活動に力を入れたい」とし、「第9回はぁ〜とふるふぁんどフェスタ」を開催する方向で検討していると報告した。

なお、前年度事業報告、本年度事業計画など計4本の議案は満場一致で可決・承認された。

来賓として臨席した兵庫県警察本部生活安全部岡村好文保安課長は、「昨年の緊急事態宣言では、国民から注目される状況となったパチンコ業界ではあるが、その後、クラスターが発生することもなく、逆に施設の安全性を大いにアピールできるような状況となった。ホールが一丸となって感染症予防に尽力した結果と感じている」と評価。また、旧規則機の撤去については、計画的かつ確実な撤去を実現するよう要請し、今後の社会貢献活動への取り組みについても期待を寄せた。

さらに、兵遊連からは平山龍一会長があいさつに立ち、我慢が続く業界環境の中、将来に向けた準備の必要性に言及。他府県の青年部会員とも情報交換をしながら、青年部会からさらに上のステージでの活動を目指して欲しいと出席者にエールを贈った。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP