【総会】京都府遊技業協同組合青年部会第47回定期総会

 京都府遊技業協同組合青年部会(木下大佑部会長)は4月27日、京都市上京区の京都ブライトンホテルにおいて、第47回定期総会を開催した。

 冒頭、所用により欠席となった木下部会長に代わり新井若尊副部会長があいさつに立ち、新型コロナウイルス感染症拡大防止に部会員の積極的な取り組みによりホールの安全性が広く知れ渡ることになったことに対して感謝の意が示された。一方で新型コロナウイルスの拡大により令和3年度の青年部会の活動が大きく制限されたとも指摘。「令和4年度も業界を取り巻く環境は厳しく逆境の中ではあるが、創意工夫で乗り越えて今後の自信に繋げたい」と抱負を述べた。

 来賓あいさつでは、京都府警察本部生活安全部生活安全企画課許可等事務審査室の松村和紀室長補佐が健全営業についての行政講話を行い、旧規則機撤去後の適切な処理の重要性、のめり込み・依存対策に関しては自己申告プログラムへの導入率の向上、釘曲げなどの不正改造事案への懸念などに言及。国民に親しまれる娯楽産業として一層の健全化を要望した。

 また、京都府遊技業協同組合から臨席した白川鐘一理事長は、「商売だけを考えて井の中の蛙になるのではなく、広く社会を知って人間力を大きくして欲しい。商売も大事だが、人間として立派に大きくなって欲しいと思う」と青年部会員にエールを送った。

 なお、総会で上程された議案についてはすべて全会一致で承認された。

(左:京都府警察本部生活安全部生活安全企画課許可等事務審査室の松村和紀室長補佐 右:京都府遊技業協同組合から臨席した白川鐘一理事長)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP