大遊協が青色防犯パトロール車両5台を寄贈

 大阪府遊技業協同組合(大遊協、平川容志理事長)913日、大阪市中央区の大阪府庁本館の特別会議室において、「青色防犯パトロール車両贈呈式」を開催した。

 青色防犯パトロール車両(以下「青パト」)とは、防犯意識向上や犯罪被害防止等を目的に、認可を受けた自治体が青色の回転灯を装備した専用車両で防犯パトロールを行うというもの。各種啓蒙活動や子どもたちの見守り、街頭犯罪の未然防止などに役立てられている。

 大遊協では平成15年から府下の社会福祉(障がい者)施設に福祉車両を寄贈しており、平成27年度をもって目標台数となる累計200台の寄贈を達成。平成28年度から青パトの寄贈をスタートしており、6年目を迎える今回は大阪府治安対策課を通じて府下5市区町村へ各1台を寄贈した。

 式典には大遊協から平川理事長、そして靍丸雄一郎副理事長、童国鴻事業開発・社会貢献事業・広報委員会、大阪府からは田中清剛副知事、森岡武一危機管理監、そして大阪府警察本部生活安全部より府民安全対策課の助中伸理課長が出席。開会に伴い挨拶に立った平川理事長は、大遊協の社会貢献活動は、傘下の515店舗組合員の協力のもとに実施しているものであると強調。青パトの寄贈は各地域における様々な自主防犯活動の一助となることを目的としており、今後も継続して取り組みたいと挨拶した。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP