中国遊商が献血活動を実施

 全商協所属の中国遊技機商業協同組合 (中国遊商、山本基庚理事長)は、10月8日、同組合事務所を拠点とした献血バスによる献血活動を実施した。献血バスを利用しての1日献血活動は、平成29年度から毎年実施し、今年で5回目。本年度も新型コロナウイルス感染拡大が続く中において、同組合は実施時期の決定に慎重を期していたが、血液不足の声も大きく広島県赤十字血液センター担当者との調整を重ね、今回の実施に踏み切ったという。

 当日の献血には、実施時間の1時間前から同組合山本紘司社会貢献委員長以下委員等が加わり、赤十字血液センター職員の皆様とともに準備作業に従事。更に社会貢献委員が午前、午後の役割分担に従い運営協力を行った。参加者は多忙な中にも関わらず積極的に協力を行い、最終的に31社の組合員、社員及び事務局職員が参加のうえ、計72人が一人400mlの献血を行い、初期の目的を達成した。これに対して、後日改めて赤十字血液センターから感謝の意が示された。

 同組合は「今回は5回目となったが、参加者と採血人数も毎年少しずつ増えており、今後も献血バスによる献血の定着を図っていきたい」とコメントしている。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP