中国遊商がホール駐車場等における子どもの事故未然防止巡回活動を実施

 全商協所属の中国遊技機商業協同組合(中国遊商、山本基庚理事長)では、全日遊連において毎年実施されている「子どもの車内放置事故防止対策」の取り組み趣旨に賛同し、「ホール駐車場等における子どもの車内放置事故ゼロ」を目指した巡回活動を継続実施しているが、その実態確認のため、中国遊商の新たな社会貢献活動の一つに追加し、9月22日には社会貢献委員長等4名が山口県内1カ所のホールを訪問し巡回活動を実施した。

 昨年度は、世界を震撼させている新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受けて中止していたが、今年度は訪問先ホールとの連携と協力体制を密にして感染拡大防止対策に十分配慮の上、店舗責任者との情報交換後、ホール従業員の案内のもとで「幼児車内放置ゼロ」の腕章(中国遊商作成)を付けて巡回活動を実践した。

 当日は平面駐車場の他、立体駐車場3階までの平素の巡回コースの案内を受けて巡回後、独自に駐車車両の確認を実施。チャイルドシート付きの車両も散見されるなか、子どもの乗車は認められなかった。ホール従業員と一緒に巡回したことにより、子どもの事故未然防止活動に日々ホールが地道に取り組んでいることが確認された。

 今回の活動を通じて巡回時間帯の設定や視認が困難な車両内確認等の重要性を再認識し、今後も子どもの尊い命を守るため継続的活動として同組合では取り組みを継続するという。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP