業界ニュース-業界団体・組合等

日遊協、第6回定例理事会に伴う記者会見を開催

  一般社団法人日本遊技関連事業協会(日遊協、西村拓郎会長)は3月17日、第6回定例理事会に伴う記者会見を開催した。

 西村会長はあいさつの冒頭、一昨日に全日本遊技産業政治連盟の記者会見が行われたことに触れ、今年の参議院選挙で遊技業界として木村義雄氏を支援することになった旨、報告した。また、「この業界が持続可能な成長を遂げるためにも、業界が世間に正しく認知され、社会的な地位の向上につながるような活動をしっかりと木村先生にもやっていただかなくてはいけない」と述べ、「そのためにも業界として今年、木村先生を応援する体制を、業界を挙げてつくっていくことが大事だと考える。全員で一体感を持って守り立てていきたい」と呼びかけた。

 このほか、「時代が加速度的に変化していっている中で、業界でも今年の暮にはスマート遊技機が市場デビューを飾る見通しだと聞いている。キャッシュレスへの対応をはじめ、この業界もデジタル化を前向きに進めていかなくてはならない」と指摘。それに伴い、「日遊協の加盟団体であるMIRAIとの合同プロジェクトチームや勉強会を積極的に立ち上げ、業界としての意見をまとめていきたい。ある程度まとまれば全日遊連にも提案し、ともに警察行政に相談に行くところまで漕ぎ着けたい。またキャッシュレスにとどまらず、広告の案件、貯玉の案件等々、検討すべき課題が多々あるなか、日遊協が中心になり1つずつ丁寧に対応していきたい」と、述べた。

 この後、御手洗伸太郎専務理事が定例理事会における主な議題について報告した。

 <承認案件>

・新入会員の承認に関する件 →新規会員入会申請(正規会員1件、賛助会員1件)があり、その承認。

・令和4度事業計画及び重点推進事項(案)に関する件→事業計画は例年通り、重点推進事項については新たに音量の問題等々を加えたことと、一方で離日外国人への対応の問題は現状非常に難しいことから来年度はペンディングすることの了解を得た。

<報告案件>

・21世紀会(1/25)・ホール4団体会議(1/20)について

関連:全日本遊技産業政治連盟、木村義雄先生の推薦

・ギャンブル等依存症対策推進基本計画(令和4年度変更案) →来年度の計画に向けて現在作業中であることから最終案について報告。

・遊技機関連検討会(仮称)の開催結果について→音量の問題について現在調査中。

・広告宣伝ワーキングチームの審議状況について

・専門委員会・プロジェクトチームの活動状況について

関連:パチンコ・パチスロファンアンケート調査2021 パチスロプレイヤー調査2021

・庄司孝輝前会長 お別れ会の開催について

・遊技産業データブック2022について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP