【総会】回胴遊商 創立30周年 総代会、組合大会、記念祝賀会を開催

 回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商、大饗裕記理事長)は5月27日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪国際館パミールにおいて令和6年度組合大会・創立30周年記念祝賀会を開催した。

 組合大会の冒頭には警察庁生活安全局保安課の坂ノ上圭佑課長補佐が松下和彦保安課長のあいさつを代読。スマート遊技機の流通増加に伴い中古機流通も増えているとして、中古機流通における適正な点検確認業務や遊技機取扱主任者の技能向上などを引き続き要請した。
 理事長挨拶で大饗理事長は組合員に向けて点検確認業務や設置業務の実施はもちろん、政治的な活動も要請した。また、自身も回胴遊商創立30周年という重みをしっかり受け止めて努力していくと決意を示した。

 組合大会より先に開催された総代会では上程された8議案がすべて承認されている。事業計画のうち、回胴式遊技機の中古機流通及び認定申請に関わる事業では確認証紙を349,731枚と見込んでいる。

 組合大会後に開催された創立30周年記念祝賀会では「回胴遊商30年の足跡」というビデオが上映された。同ビデオでは回胴遊商創立から現在に至るまでの、さまざまな出来事、歴代の理事長たち、取り組んできた社会貢献活動などが丁寧に紹介されている。
 30周年という大きな節目ということもあり、遊技産業議員連盟からは田中和徳会長、林幹雄顧問、武田良太幹事長、逢沢一郎顧問、小倉將信事務局長(いずれも遊技産業議員連盟の役職)の衆議院議員5名が、業界団体からは全日本遊技事業協同組合連合会の阿部恭久理事長、一般社団法人日本遊技関連事業協会の西村拓郎会長、日本電動式遊技機工業協同組合の小林友也理事長の3名が来賓あいさつをした。また、祝賀会の乾杯の音頭を全国遊技機商業協同組合連合会の中村昌勇会長が担った。
 30周年という記念すべき盛大な祝賀会となった。

(写真)ヘッダー:大饗理事長 フッター:左から、全日遊連阿部理事長、遊技産業議連田中会長、坂ノ上課長補佐

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

もっとスマスロ!
闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP