D’station Racingが一般公募で19歳のドライバーのレース参戦をサポート

 NEXUSグループ(群馬県高崎市)の「D'STATION」がCSR活動の一環として支援しているD'station Racingは9月13日、WEB一般公募により144名の応募を集めた選考会の結果、9月25日~26日に富士スピードウェイで開催されるフォーミュラ・リージョナル・ジャパンへのスポット参戦に関して、19歳の澤龍之介選手のレース参戦をサポートすることを発表した。

 WEB一般公募によりドライバーを募集し、書類選考により3名の選手を選抜後、レーシングシュミレーターでの走行オーディションおよび実車のフォーミュラ・リージョナルマシン(童夢F111/3)を使用した走行オーディションをツインリンクもてぎで開催した。最終的に選出された澤龍之介(さわりゅうのすけ)選手は、2002年生まれの現在19歳。2017年全日本カート選手権FS125のシリーズチャンピオン獲得、2019年スーパーFJ 鈴鹿シリーズチャンピオン獲得、2020年FIA-F4シリーズランキング6位(表彰台2回)などの実績がある成長著しい若手選手。

 D’station Racingでは、チーム母体のNEXUSグループが推進するスポーツ支援活動の一環として、澤選手の当レース参戦をサポートし共に勝利を目指していくとしている。

<レース体制及び大会概要>

出場大会名: フォーミュラ・リージョナル・ジャパン 富士大会/開催日時:2021 年9月25日~26日/開催地:富士スピードウェイ/エントラント:D’station Racing/ゼッケン:77/マシン:童夢F111/3/ドライバー:澤龍之介/チームオーナー:星野敏/チーム総監督:佐々木主浩/チームマネージングディレクター:藤井誠暢/チーフエンジニア:平野亮/チームメカニック:林徳大 (敬称略)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP