ダイナム、社有車575台に車載用インバーターを搭載

 46都道府県にパチンコホールをチェーン展開するダイナム(東京都荒川区)は6月28日、災害発生時における停電対策として社有車への車載用インバーター装置の搭載を開始した旨、発表した。

 災害発生時には、地域の人々に利用してもらうことを想定。7月末までに385店舗(駐車場を有する店舗のみ)・575台への搭載を予定している。

 同社ではかねて、駐車場を災害発生時の避難場所や、防災拠点として活用してもらうため、店舗のある各地域との「防災協定の締結」を積極的に進めてきた。今回の取り組みでは災害発生時に社有車を発電機とすることで、携帯電話の充電や生活に必要な電気製品の電源として提供することを目指している。

 なお、ダイナムでは2022年6月28日現在、88店舗が39の地域(県または市)と協定締結済み。同社は今後も、地域とのさらなる共生を目指して、地域社会の発展につながる貢献活動を継続していくとしている。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1-
2-
11-
12-
13-
19-
20-
21-
22-
24-
27-
28-
30-
32-
35-
41-
42-
48-HIGUCHI-GROUP
52-
57-1
57-
63-
スマスロ、始まる。
闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP