大一商会が新機種「Pひぐらしのなく頃に~彩~」を発表

 大一商会(愛知県北名古屋市)はこのほど、パチンコ新機種「ひぐらしのなく頃に~彩~」(型式名:ひぐらしのなく頃に~彩~FMーN)を発表した。最速導入は2月7日~が予定されている。

 同社の大人気パチンコ機「ひぐらし」シリーズの最新作が、新たなゲーム性で登場。STがループに変わる「STループ」を搭載し、100%突入の安心感と、最上位モード「解明しモード」(継続率約81%+引戻し約46%)の威力が特徴となっている。また、演出には今年の3月まで放送されていた「ひぐらしのなく頃に業」のアニメを最速搭載している。

 スペックは大当たり確率1/319. 7(特図2確率1/10. 17)の1種+2種タイプ。初当たり後は主にST(時短14回)に突入し、ST中大当たりの一部で「解明しモード」(時短254回、実質次回まで)に突入する。STは前半(時短5回)・後半(時短8回)・ラストチャンス(時短1回)の3パートがあり、後半は「遊尽しモード」の他、「身隠しモード」を選択可能。「解明しモード」は全18話+αからなるストーリーが展開し、「解明しモード」終了時は引戻しモード(時短6回)に移行する。STの継続率は約77%、「解明しモード」のトータル継続率は約90%(引戻しモード含む)、平均継続率は約82%、大当たりラウンドは特図1が5R(750個)・9R(1350個)、特図2が3R(450個)・9R(1350個)の振り分けで、特図2の9R比率は52%になる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP