三重県遊協がフリースクール「三重シューレ」へ運営資金を寄贈

三重県遊技業協同組合(三遊協、権田清理事長)は7月28日の7月理事会開催前に、フリースクール「三重シューレ」に対する運営資金寄贈式を開催し、352,000円を寄贈した。三遊協は「三重シューレ」設立以来、全額給付型奨学金、賃料全額支援のほか、ファン感謝デー等の事業収益金についても随時、運営資金支援を行っており、今回は第6回みえファン感謝デーの収益金全額を寄贈したものとなっている。

今回の支援に対して「三重シューレ」の石山佳秀代表から、今年後半のフリースクールの各種イベントの運営費にこれを活用するなどの使途説明があり、これまでの三遊協からの支援に対して謝辞が述べられた。

また、これに引き続き、三遊協の鳥羽支部(山口浩二支部長)における継続性のある自治体保育行政への運営支援(10年間)が、第16回社会貢献大賞の支部組合部門で優秀賞を受賞した旨の伝達が行われ、権田理事長から山口支部長に対して表彰状が手渡された。山口支部長は、「コロナ禍において支部内ホールが減少し、これに伴う支部運営の厳しさも増しているが、引き続き社会貢献活動ができるように頑張りたい」と決意を述べた。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP