アピタ福井大和田店主催 手作り傘の体験会に協賛

 パチンコホールを全国展開するマルハン(京都市上京区、東京都千代田区)の北日本カンパニーは7月5日、6月25日と26日の2日間に福井県福井市のフェアモール福井アピタ内で開催された「サスティナブルな社会を目指すオリジナル傘ワークショップ」に協賛をした旨、発表した。

 同ワークショップは「アピタ福井大和田店」が主催。自分で手作りすることで愛着を持って大切に傘を使うという環境問題意識の啓発と、子供たちに楽しく学びながら傘作りを体験する内容となっている。

 イベントでは「傘の廃棄による環境問題の説明」と「オリジナル傘ワークショップ」を1セットとし、2日間で全10回のワークショップを実施。計80組の家族が参加した。参加者はクイズ形式で環境問題について学び、その後「そら傘キット」で一から傘づくりに挑戦。自分で好きな色を塗ったり、シールを貼ったり、初めて自分で組み立てる“マイ ファースト アンブレラ”を家族で協力して製作した。

日本特有のビニール傘は安価だが壊れやすく、日本では現在、年間約6,000万本が消費され壊れたら廃棄、埋め立てられている。今回のワークショップの傘はオールプラスチックでつくられたリサイクル可能な傘で、壊れても生地や部材を取り替えることが可能。自分の手で作り愛着を持って、丁寧に手入れをして長く使うことの大切さを理解する機会となった。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1-
2-
11-
12-
13-
19-
20-
21-
22-
24-
27-
28-
30-
32-
35-
41-
42-
48-HIGUCHI-GROUP
52-
57-1
57-
63-
スマスロ、始まる。
闇スロ撲滅宣言
PAGE TOP